2015年08月03日

ひたすらマップ作り

相変わらずツクールな日々です。
せっせとマップ作り。まずこれを作らねば何もはじまらん…。
ものすごくオーソドックスでデフォそのままのものですが…意外と難しいというか、あれこれ考えちゃいますね。
ただの村人の家でも、どんな家族が住んでいるのか、とかどんな仕事しているのかとか、趣味は何だろう、とか。マップ作りながら設定が固まるなんてこともあるんじゃね?と思ったりします。
村一つでかなり大変(自分的に)なのに、これが超大作で城や街や村やダンジョンがたくさんあるような作品なら…私は発狂すると思います(笑)
ツクラーの皆さん…すげえよ…。
「魔術師の日常」は短編も本編も基本的に一つの村で起こる物語なので、マップは基本的に村だけだ…だからきっと大丈夫だ…うう…。本当はもう一つ大きな街を作る予定なのですが…が、がむばるしかない…。
大人パワーで有料素材集を買ってみました…。ドットのマップ素材は…さすがに自作できない…。
エア夏コミは、自分でも意外な展開ですが、ツクール作品になりそう…。tukuru19.JPG
↑こちらは村の宿屋。「魔術師の日常」クリスマス編(ウディタ製)をプレイしてくださった方ならおわかりかもしれませんが、村人の外食スポットであり、イベントステージぽいのもあります。

tukuru20.JPG
↑こちらは宿屋の2F。ちょい上等な部屋です。右上は温泉ルーム。おそらく。

tukuru21.JPG
↑こちらは村長さんの家。金持ちです。地主さんです。村の雇用のためにメイドさんをたくさん雇っているのです!しかも部屋付き食事付き。

tukuru22.JPG
↑こちらは村長の家の2F。姉妹が住んでいるのがわかりますね〜。胡散臭い部屋があるので、きっとゲームで何かイベントがあるのでしょう。おそらく。

とりあえず大物は作ったので、あとは庶民の部屋。パターン一つ作ってコピペ…いや、なんでもない。

温泉とかアイドルネタとか移民問題とか、「クリスマス編」で出てきたネタが本編に絡む予定…なのです。
村起こしもテーマの一つ…なのかも…?
村人たち配置して喋らせるのも、世界観を表現するのに重要なのです。
大人になると、そのへんの村人でも「この人何の仕事してるんだろ」「そもそもこの村の産業てなんだろう」とか現実的なこと考えてしまってちょい寂しい!
posted by ねこぐま at 00:26| Comment(0) | 日記